投稿者「admin」のアーカイブ

里芋の煮っころがしの味付けが難しい!習得するには時間が必要

satoimo

スーパーで里芋が安かったので、勢い余って3袋も購入。イモ類は好きなんですが普段ジャガイモしか買わないので、買う時にはいっぱい買っちゃうんですが、流石に3袋は買いすぎましたかね。まあ近々親戚が来る予定も有るので、その時にいっぱい使うとしましょう。

とりあえず今日のところは、里芋の煮っころがしに挑戦。簡単なようで、実はそこまで美味しく作れないので、今日こそコツをつかみたい所。

予め蒸したり茹でたりして火を通してから煮る方法と、そのまま煮る方法がありますが、私は最初から調味料というか煮汁で煮る派です。しっかり醤油とみりんが染み込んで、茶色くつやつやとしてると、一段と食欲をそそる気がします。

前は醤油・砂糖・みりん・料理酒を全部同じ量大さじではかって入れたんですが、それだと私には甘さが強かったので、今回は砂糖を減らすことに。具体的には醤油・みりん・料理酒を2、砂糖を1の割合にしてみました。

片手鍋に調味料を入れて弱火にかけて混ぜ、砂糖が溶けたら皮を向いた里芋を入れて、中火で20分くらい、焦がさないよう鍋を揺らして、名前通り里芋を転がしながら煮て完成。今回も、見た目は十分照りが有って美味しそうです。肝心の味は、今度は甘さが足りません。やっぱり煮物の味付けって難しいですねえ。

次は他2に対して砂糖を1.5にしてみるべきでしょうか。それとも砂糖じゃなくてみりんを減らすべきなんですかね?煮っころがしの私に合った味付けを習得するには、まだ時間がかかりそうです。

漫画CLAMPのxxxHOLICにハマる

xxx

私は、漫画はTSUTAYAでレンタルして済ませています。もし欲しい場合も、たいていは古本屋Amazonで買う始末。なかなか不便なものです。

そんな私が、世間より10年ほど遅れて、もう完結しているとある漫画にハマりました。CLAMPのxxxHOLICです。私の記憶によれば、この漫画がアニメ化して話題になったのはもう10年ほど前。なのにそのとき、金欠を理由に、私はHOLICを読みませんでした。絶対好みの作風なのに。

そして今、続編が出てTSUTAYAのレンタルに再び入ったのを何気なく借りて、そして、ドハマりしました。純粋に漫画として、とても面白いのです。人間の業を描いているなあと、しみじみさせられます。絵も綺麗ですし、読みごたえたっぷりです。

私はオタクですので、一つの漫画を気に入るとどっぷりハマるタイプですが、これはそうなる予感。最近、純粋に漫画として面白い漫画が世間では増えていて、なかなか首が回らないのですが、これは必読です。

もしかしたら、他にも、お金がないのを理由に読まないでいた漫画の中に、こういった傑作があるのかもしれません。HOLICと世界観を共有しているツバサもきっとそんな作品なんだろうなあと思うと、読みたくなってきます。まあ、TSUTAYAのレンタルにもありませんし、お金もないですから、古本屋で地道に立ち読みしますが(笑)

こうやって、お金がないならないなりにやりくりしていけば、オタクライフも楽しめるものです。世の中には信じられないくらい趣味にお金を注ぎ込むオタクもいまが、私は小規模に、身の丈に合ったレベルでやっていこうと思います。

おすすめマンガ

保存